Official Website - シャンソン歌手 紗羽しゅうこ 公式HP
RSS

最新記事

ゴールデンウィークは那須に
ロケーション撮影の下見
ホテルプリシードコンサート終了!
奉音~さくらコンサート 
サロン・ド・アクアス 

カテゴリー

シャンソン
その他
司会
語り部・民話
検索エンジンの供給元:

マイブログ

語り部・民話

来年の民話!


もはや恒例と化した、民話語り2先。

来年分のご依頼を頂きました。

鬼さんだって笑えないと思う~。多分早すぎて覚えてないでしょうから(笑)

本当にありがたい限り。

こうしてご依頼の声を頂くと、

まだやらせてもらえるんだって、幸せ~な気分に。

新作覚えましょうかね。 毎年事なるお話続けてもう15年以上。

おつきあい願えたらそこから先は長いのです。

こんな嬉しいことはありません。

精一杯やらにゃバチが当たります。 みなさんの笑顔を励みに頑張りますね。












早春の民話館 久米正雄邸

春爛漫の演目にしてみました。

設えは、山笑うがテーマ。

昔話の絵本の中の桜をイメージ。

ご予約で満席。

良き時代の日本の情緒をそのままに。

今回はテレビ取材が入りました。

来年(鬼さんに笑われちゃうね(^_-)-☆

3月3日が次回と決定しております。

ご予約できなかった皆様来年は是非

民話は文化だ!

古典回帰シリーズ。


衣装を揃えてみました(笑)


それにしても。


須賀川はもちろん、玉川、

泉崎、白河、宮城県からも。


心ある皆様のおかげでお席を埋めて頂き、またお聴き願えて本当に
ありがたきことにございます。

ますますがんばらないと!

ありがとうございました。

須賀川市文化センター


毎年、大ホールで

民話語りを。


セットを考えるのも楽しいんですよ。


今年の演目は「千石船」でした。

社協児童部会 民話を聞く会

この日の私は、前日夜遅くまで

銀座のシャンソニエでステージがあり、
赤坂に宿泊。朝一番の新幹線で

郡山駅から直行。

現場でもんぺに着替えたのでした(笑)

あんこさんとのコンビ出演。

10年以上になります。

お客様もびっしり。満員。

ありがたいことにございます。

民話も紙芝居もなぞなぞも。

                               また、來年ね!


だんごさし


恒例、季節の行事、だんごさし。


毎年毎年、地域の一年生に


民話を語り、団子差しのいわれなども


伝えています。


2校からバスに乗って集ってくれる子供さんたち。


支える地域の皆さん。


わずらわしいと言ってしまえば、


途切れるてしまうのでしょうが、


伝えることにも意味があり、


世代間・地域コミュニケーションの


大事な役割を果たしていることにも気づかされます。

語り公演 無事終了! 

                             














雨も心配された肌寒い一日にもかかわらず、たくkさんのお客様。
皆さまありがとうございました\(-o-)/

民話口演

毎年恒例。
今年もお招き
頂きました。


お寺での民話


護摩焚きそして

お籠り。


檀家の皆さまと

ご住職様からの手厚いおもてなし。

いつも心が洗われる思いになります。

お世話になりました。

開成館 秋の民話を聞く会


10月14日(土)民話語り

郡山市開成館 重要文化財 旧立岩邸にて

お問合せ☎024-923-2157

郡山市開成館

開演:13時30分~

入場 無料
(開成館観覧料一般200円要)

古典回帰シリーズ第5弾!は、

「わらしべ長者」

何故に残されてきたものなのか。

語り部ふくしま四人会が

いにしえより今に結び紐解きます。

どうぞお気軽におでかけください。

設えの今年のテーマはとんぼ。

どんなふうに仕上げようかな~(^-^)

芸術の秋~!


毎年お招き下さっている延命寺さま(須賀川市)

今年も伺います。10月3日 語り部ふくしま四人会として、民話語りを。


そして、同日10月3日の午後は、民話語りからダ~ッシュで移動。

芸術鑑賞 第29年度 学社連携融合事業 で、講師請です。

会場:大東中学校

対象:大東中学校全学年全生徒 + 大東ほがらか教室 マスターズクラス受講者
    + 地域住民の皆さま

入場:無料

お問合せ: 0248-79-2176

※ 諸般の都合で、講演のみ、民話での・・という お話ですすんでいたのですが、

  たっての熱いご要請を受けまして、急遽、歌もご披露という談に・・。

  有意義な時間にしたいと思っております。 お時間あればどうぞおいでくださいね。

門下生朗読会 






皆さん、とても素敵な朗読をなさいます。 一味違う本格派。 どうぞお楽しみに。
キャパがそんなに広くないのですが、それでも、お一人様でも多くの方にお聴き願えたら
とても励みになります。 ドキドキしながら、レッスンにも力が入ってきているようです。
どうか応援しにいらして下さいね。 

雨上がりの庵へ。

オーナーがお迎えしてくださいました。

ここで企画会議。

Mgr同行。新たな展開をお楽しみに。

民話で綴る歳時記

恒例。

伝統行事と歳時記。

そして民話語り。


民話語り 花神亭






























開催史上最大の大勢のお客様。

お楽しみ願えたようで演者としては嬉しい限りです。

ありがとうございました。

民話語り出演日 牡丹園



4月30日(日)

10:00~15:00まで

ゆるりとのんびり民話を。

須賀川牡丹園 花神亭にて。

どなたでも!(^^)!

銀座博品館劇場 舞台朗読


今日からのレッスン生は、

たってのご希望で、

自宅での朗読個人レッスン。


言葉の持つ力だけでなく、

人柄が声になって人様を包み込んで

いけるようにと願っています。

きっと、表情豊かになっていって

くれることと思います。


楽しかったと言ってくれたので、

これからも元気に通ってきてくれるはず。

生徒さんがいてくれるおかげで、

私もまた良き指導者となれるよう

努力しようと思えるのです。


みなさまのおかげですね。


ありがとう\(-o-)/


これは、懐かしの 舞台朗読のもの。


当時を今日は思い出し初心に戻って。


よろしかったらあなたもどうぞ!(^^)!

文学の集い 早春の民話館

お天気にも恵まれ

今年も無事、民話館終了致しました。

演目:ウグイスの里
(みるなの座敷、うぐいす長者)

こちらは、3人語りで一話を語るもの

語り終えるまで1時間の長編。

その後干支にちなんだ民話を2題。

きつねと鶏、雉も鳴かずば、十二支、

別当ふうきみそ、おりや、赤面地蔵

以上でお送りしました。

長時間にもかかわらず、熱心に

お聴き願い、語り部ふくしま四人会

大感謝にございます。

橋本米子様のご好意でお祝の

掛け軸を8幅、手作りの鶏をはじめ、

団子差し、七夕、羽子板・・

昔ながらの日本の一部を

語りと共にご覧頂きました。

ご来場誠にありがとうございました\(-o-)/

民話会~文学の森資料館 























春の恒例となりました。今年も春爛漫、語り部 ふくしま四人会で、どうぞ心に春を!

先着順受付となります。 

お手数ですが、上記主催者様へ直接お電話願います。☎024-991-7610

受付開始は2月12日より。 

講演


おかげさまで、無事終了いたしました。

ご来賓の皆様も、爆笑のうちに、90分。 皆様に感謝ですねー。


豆撒き


恒例!民話の会。

子供さん達の成長が嬉しい。 年男ちゃんたちに、豆撒きの福男役をお願いしました。

片付けも準備もちゃーんと率先してやる子供達に育ちました。

気恥ずかしい年ごろになったでしょうに、良きお兄ちゃんぶりで、

あんこさんと、しゅうこおばちゃんは、目を細めっぱなし。 季節行事はいいもんだ!

みんな身を乗りだして夢中でお話を聞いてくれる。 長年やっててつくづくありがたさを

感じます。いいこ達だわ(*^^*)

だんごさしと民話語り

今年も又語ってきました。

毎年この季節に旧正月行事。

2校まとめて1年生に語っています。

地域の皆様、わけても、地域公民館の方達のご努力には頭が下がります。

歳時季を幸せの風景として

子供達の記憶に残しておいて

あげたい。

お手伝いさせて頂き幸せです。

もう15年にもなりますかね。

みーんなやっぱり良い子です。

これからも、

まっすぐ育っていけますように。


よろしかったら、おいでませ(^-^)



















   須賀川市文化センター 大ホールで。 講演会です。

   入場料若干必要(笑)  どうぞ皆様お誘い合わせの上・・。
 
   ご来場お待ちしております。
  

雪女

昨日の初雪。

例年より早かったですね。

今日は、かれこれ15年続いている

地域の交流の場へ。

民話演目は「雪女」他。

正調でお送りしました。

木々も白いフリルを纏って・・。

冬の入り口。

季節のドアをノックしながら

今年ももう後ひと月ちょっと。

世代を超えて心を通わすお手伝い。

どなたももれなく笑顔です!


銀杏


今日の語りの現場は須賀川市。

なんと朝8時30分からスタート!

お客様は気合い十分(笑)


会場を温めて、お茶にお菓子に

ご接待頂き、民話も熱心にお聴き

くださいましたヽ(^o^)丿

仕事を終えて、外を見上げると

大きな銀杏の木が。

銀杏拾いも出来ちゃいました!

自然の恵みは季節の恵み。

古き良き時代からこうして食して

いたんでしょうね。

大事にしなきゃ。

秋の設え


秋一色!


開成館(郡山市)での

「語り部による民話を聴く会」には

嬉しいお客様達がヽ(^o^)丿

鶴をテーマに秋色装飾。


そして、須賀川市延命寺。

ご本堂にて民話語りを。

ご住職様はどこか、亡き兄に

似ていらして側にいると

とっても落ち着きました。

お優しい方にございます。

檀家の皆さまに温かく迎えて

頂き楽しく終了\(-o-)/

秋の民話 in 開成館

今年もやります!


古典回帰シリーズも。


皆様お誘い合わせの上、


おでかけくださいませね。

蛍と共に語りの夕べ

例年より開催日が遅くなり、

源氏蛍は、もう終わりくらい。

これからは平家蛍が・・。

安積疎水が流れる敷地で

たくさんのお客様が。

県外からもおみえになられます。

この景色がこのまま

永遠にと

願わずにはいられませんでした。

花盛り

緑と風と日差しと花と。

須賀川牡丹園花神亭での語り

ハワイ・東京・・県外からのお客様も

さすが、東洋一の牡丹園!

開花が今年は早かったのでオープン日に牡丹も咲いて。

ご来場の皆様との会話も楽しく(^-^)

ご来場ありがとうございました。






久米正雄記念館


民話口演。たっぷり2時間。

お楽しみ頂けたでしょうか。

今回は、干支の申と春の花がテーマ

今年はご予約の出足が早くて、

キャパの関係もあってあっという間に

満席締め切りとなってしまい、

その後のお申込みかなりを

お断りされたと主催より。

え~~ん・・悲しい(>_<)

ぜーんぶご入場願いたかった~。

そんな訳で、予約できなかったお客様まで、わざわざ差入れを持って会場へ訪ね下さった方も!お聴き願えず本当に残念でした・・。申し訳なかったです。

お客様に、主催者様に、いっぱい愛情を注いて頂き、口演を続けさせてもらえていることにt深く深く感謝を申し上げます。

また、来年!

民話会

はやいもので、気づけば今週。

ご予約開始から数日で満席に。

ありがたいことでございます。

歴史的価値のある建造物の和室

ということで、予定数はわずか20席。

ですが30名様を超え受付して

下さったと主催者さまより。

限りのある空間なので、

お申込み締め切りとなってしまった

皆様には本当に申し訳なく・・・・。

今回は、2名で語らせて頂きます。


お天気に恵まれますようにヽ(^o^)丿 






雛 

文化センター(須賀川)大ホール。

今年も西袋公民館フェスティバルへ

呼んで頂きました。



春爛漫!


恒例、早春の民話会。

鎌倉から移築された文豪久米正雄氏

邸宅での贅沢な語りの会。

あ、いっとくけど、会場は歴史ある

建造物だけど、語り手は、ほれ、

私とあいぼーのきよちゃんだから、さ、

ま、そこんとこよろしく(笑)


人の話を膝附あわせて聞く文化は、日本古来のゆかしさと、手渡しの日本の心。

うっふーん。よかったらば、来てちょ。ね、ね(^O^)/

大人の流儀


午後7時からの講座。

担当させて頂きました。

50名様、みーんな元気!

交流会にも入れて頂き、最後は

ビンゴ大会! 

お花当たっちゃった~\(^o^)/

今年はいいことありそうだ~~。

今年も!


10年以上続く、こちらのお話し会。

紙芝居のあんこさんと。

大人も子供も、本気になって笑ったり

考えたり。楽しい時間。

伝統文化の継承と、日本の素晴らしさをお伝え出来るよう出かけています。

若いお母さん達も関わって下さり

地域の自主的行事としては、

このまとまり、ダントツなのだそう。

ありがたいですね。嬉しいことです。

毎年、ほんとにありがとうございます。

良い子のみんな

今年も 恒例の季節行事。

団子差し。地域小学校3校を

担当させて頂きました。

まぁ・・・元気の良いこと!

すっかりうちとけ仲間に入れてもらって私もゴキゲン(笑)

大きくなって あの時、面白い

おばさんが民話お話ししてくれたっけ。
なーんて、ちょびっとでも

記憶に残ってたら嬉しいだろうなー

お話しの聞き方も後片付けも、

ご挨拶もと~っても上手に出来ました。

いいこ達!


友人が素敵な舞台を務めましたー。

満席のお客様の中、

本当に素晴らしい民話を

語られました。

語り部仲間として活動している

佐藤さとさん。この日は、私と安田さんは応援隊。 二人で友の晴れ姿をウルウルして

みてました。遠赤外線のように人の胸をあたためてくれるいい語りでした。

さと、さーん。見事見事晴れがましかった―――。決しておごる事のない、謙虚な彼女。

人生の先輩に助けられているからこそ、私もなんとか、語り部続けています。

安田さん、佐藤さん。かけがえのない友人は神様からの贈り物。

これからも、仲良く、時に研鑽を忘れず、生涯の活動にしたいとあらためて。

ボジョレーヌーボー解禁日

                                                                                                   銀座七丁目かと見まごう輝きを


放つ、陣屋。


ここで2夜連続イベントが。


ドレスでない私(笑)

どこでもいつでも一所懸命に

やっていくとね、必ず 何かが

花開く何かが起きるんですよ。

お客様もお店の方達も

明るくて親切で、賑やかに過ごさせて頂きました。

感謝の日が増え、嬉しいな~。



継続は

                               
                               晴れやかな笑顔で記念撮影を。


となた様も溌剌とされていて(^-^)

共に。

そうです。一人じゃないということが

                               どれほど笑顔につながるものなのか

 心深くに刻んでまいりました。 講師としてお招き頂きお付き合いはもう10年以上でしょうか。

 来年は、2月の須賀川文化センターでのご依頼も頂戴しております。

 皆さんのご声援が嬉しくて、無い袖振ってがんばりまーーーす\(-o-)/


                              、

いじめ

本日の語りのテーマ。


「いじめ」


演目は、月とうさぎ、他。


誰にも言えない悲しみに気づいて

あげられるコになぁれ。

いっぱい笑って大きくなぁれ!


必殺芸人仕事(笑)

はい~。

今日も良く笑いましたね~。

一点の曇りもなく、

誰一人欠けることなく、

みんなで笑う!

これがポリシーでございます~。


キキ役でピアノの恵美ちゃん登場!

皆さんに大受けでした!


大人も子供も 目をキラキラさせて。


素敵な時間を過ごさせて頂きました。



富山県で

氷見の海岸。

とやま語りの会のみなさまと。

良いお天気だったのですが、

富山湾に浮かぶ立山連邦は

念ながら拝めず。


新鮮な日本海の海の幸満喫。

旬の白エビ。堪能しました。

ホタルイカも、

富山ブラック。そう、ラーメンも。

たくさんの方との触れあいの旅。

秋の口演


会場に入り切らず、

外に腰掛けてお聴きくださった皆様も

本当にありがたいことでございます。

重要文化財なので、

設えも釘を打ったりはできません。

竹を置くときも傷つけないよう下には

敷物を。柱には紐を撒いて飾りつけ。

ご来場の皆様の笑顔に

演者の私共は毎回幸せを頂戴して

います。

語り部は、70歳80歳になってから

味わいも増しますから、

先は長いぞ~(笑)

ご支援願いながらまた次へ。

ありがとうございました。


デジャブ


お寺での口演。

ご住職様が、兄にそっくり。

姿かたちも物腰も。

お兄ちゃん!

すっかり懐いてしまったワタクシでした(笑)

芭蕉記念館


朝一番は、民話の語りでございました。


ここは、6年振り位。


なかなか予定があわなくて久々の


登板です。


友人達が、粛々と伝え続けてきた


大切な場所。本当に皆人が良くて、


民話が大好き。 そんな仲間に入れて


もらえていることがまた嬉しくて。


季節を織り交ぜ、私は、


十五夜の月・ 初物75日・親もち・庭の白菊。 秋ぞろえてお聴き頂きました。

音響設備もありません。膝つきあわせ、生の声で、語ります。

原点に戻って、二十年近くたったあの頃を思い出し、民話に出会えた幸せに感謝いたしました。




親友


                           いつも私を待っていてくれる親友は

96歳。

喜ぶ顔みたさに猪苗代町まで

セッセセッセ!

実に博識、実に謙虚、実に自愛に

満ちた方。


彼女の意思を引き継ぎ、私これから、やることがあるんです。

約束したからには、守らないとね。 先輩は偉大ですが、気持ち柔らかく裏表無く

いつでも人を包み込んでくれる人。 

入居のご友人達に、私を紹介してくれました。

「 彼女はね、私の親友です!」って。 嬉しいなぁ~。 また会いに行きたくなっちゃいました。 


未来への伝言

朗読と民話語りの公演、無事終了!

沢山のご来場者。誠にありがとうございました。

なんと、この為だけに、神奈川から4名様がご来場!嬉しいご縁を頂戴しました。

特製オリジナル栞をプレゼント!(作成作家さんもお運び下さいました) 

更に、国際的写真家となられた野口勝宏氏からは、名前入りのたぺストリーが

届けられ大感激。宝物になりました。 いつもながら、大勢のフタッフご協力者に恵まれ心から感謝を申し上げます\(^o^)/\(-o-)/


蛍の里で!

今年も大勢の方にご参加頂けました。


はじける笑顔は、蛍みたいに光を放っていますね~。


県外からお越しの方達、海外の方も。


ついに、おらも国際派(笑)

田んぼでの私の掌には蛍ちゃん。

かすかに後方で光っているのも

蛍のあかりなんですよ。

かれこれ10年以上。

逢瀬夢くらぶ様主催の

蛍と共に語り部の夕べ。 手打ちそば、石釜でやくピザ、とびっきりの美味しさのブランドトマト。ここにしかない幸せがぎっしり。

また、来年!

8月8日(土)朗読と民話語り公演

フランス語も良いのですが、私、民話の語り部でもございます。

時に、故郷の言葉での民話や、朗読家としての活動も。

通常はソロ活動がほとんどですが、

今回は、仲間と立ち上げた「語り部ふくしま四人会」としての公演。

テーマは「未来への伝言・いのちと出会う」 特攻花・時代の写し絵

他に、いつもの楽しい笑いいっぱいの民話語りもご用意しております。

個性溢れる3名が一度に会する機会です。どうぞお運びあれ~~!! 

(昨年の様子もUPしておきます。ご参照下さい)